日本料理のマナー


お箸について

お箸の正しい持ち方

お箸の正しい持ち方

 

無作法とされている箸の使い方を以下に紹介します。お箸を使う際には気をつけて。

探り箸…
箸で食べ物を選り分けたり、器の中を箸でかき回して自分の好きなものを探したりしないこと。

渡し箸…
食事中に手を休めるときや、食後など器の上に箸を渡して置かない。
箸置きやおぜんの縁にのせるようにしましょう。

寄せ箸…
遠くにある器をお箸で引き寄せること。器には必ず手を添えてとりましょう。

刺し箸…
食べ物にお箸を突き刺すこと。つかみにくくても刺すのは厳禁です。

涙箸…
お箸から汁気をたらすこと。
吸い物の具を食べるときやお刺身をお醤油につけて食べるときなど気をつけましょう。

迷い箸…
どの料理を口にしようかと迷い、料理の上をあちこち箸を動かすこと。
何を食べたいかを決めてから、箸を出しましょう。

このページのトップへ このページのトップへ


食事のマナー

食べている時は、両手をテーブルの上に出すのが基本。和食は、器や盛り付けの美しさ、素材の香りを楽しみ、おいしくいただきます。

Q.器をもたずに 手を受け皿代わりにしたらマナー違反?
A.見苦しいので避けましょう。和食の基本は器を手に持つことです。
  原則、お椀、茶碗、丼物、小鉢、小皿は手に持ちます。
  ただし、大皿や刺身、焼き魚、天ぷらなどが盛られている皿は置いたまま食べます。

Q.遠い位置にある器の料理を箸をのばして取るのはいけないこと?
A.マナー違反です。器を両手で持ち上げて近くに寄せてから食べます。
  また、器を近くに寄せるときも引きずらないようにしましょう。

Q.汁椀の蓋はどうすればいいの?
A.蓋を開けるときに、水滴がたれないように注意をし、蓋の糸底(持つ部分)を下にして
  右側に置きましょう。
  食べ終わったら出てきた時と同じように蓋を元に戻しましょう。

このページのトップへ このページのトップへ


寿司のマナーと知識

Q.寿司は手で食べるの?
A.寿司は普通手で食べるものですが、箸がついてきた場合は箸で食べます。
  その場合は、シャリ(ご飯)が落ちないように食べましょう。

Q.醤油は、どのように使うの?
A.醤油はネタ(生もの)だけにつけます。お好みで構いません。
  シャリに醤油をつけると、くずれやすい原因になります。
  大振りの寿司の場合は、ネタとシャリを分けて食べます。
  シャリを半分に分けて、シャリを先に少し食べ、残ったシャリをネタでくるんで食べましょう。

Q.ガリは何のために添えられているの?
A.ガリは生臭い魚の臭みを消したり、前の味を消して舌の感覚をあらたにしたりする為に
  つまむものです。

Q.わさびが苦手ですが…
A.注文するときに、”わさび抜き”と伝えましょう。

このページのトップへ このページのトップへ


天ぷらの食べ方

天ぷらは、なるべく端からまたは、上から取るようにするとスマート。大根おろしを天つゆに入れて軽く混ぜ、天つゆの器を手に持ち、さっとつけて食べます。また、イカの天ぷらのように噛み切りにくいものは一度口をつけたらお皿に戻さないように。天つゆの器を持って最後まで食べるようにします。どうしても、という場合は、食べかけをあまり他人の目のつくような場所に置かないようにしましょう。

このページのトップへ このページのトップへ


魚の食べ方

上の身を頭の方から尾に向かって食べましょう。上の身を食べたら、ひっくり返さずに裏側を食べます。頭を左手で押さえながら、下の身と骨をはがし身を食べます。切り身の場合は、左から箸をつけていただきます。また、口の中に入った魚の骨は、骨をつまんで出すののではなく、左手で口元を隠して箸でつまみ出します。出したものは器の端に寄せておくとよいでしょう。お箸だけで無理な場合は、手を使っても決して行儀悪くはありません。

このページのトップへ このページのトップへ

このページのトップへ